保険の総合商社

セイフテイ|埼玉県川口市南鳩ヶ谷|保険の加入見直し相談

創業40年 川口市南鳩ヶ谷の保険代理店

お問い合わせ・ご相談は

048-286-3211

月~土曜日9:00~17:00(土曜日16:00まで)

セイフテイ通信

No.85 乳がん

2019年10月1日

先日上皇后様も手術を受けられた乳がん。乳がんは、かつては欧米人に多いとされていましたが、ライフスタイルの変化などから近年日本女性にも急増してきました。今やその発症率は12人に1人と言われています。
乳がんは20代から発生を認め、40代後半から50代前半でピークを迎えます。

乳がんの発生には、遺伝的要因と環境的要因があり、それらの要因にあてはます人はよりかかりやすい状況にあると言われています。
例えば、糖尿病の持病がある、乳腺濃度が高い、初経年齢が早い、家系内に乳がんや卵巣がんにかかった人がいる等があげられます。

そこで大切になってくるのは、やはり検診です。

乳がん検診には、視触診、マンモグラフィ検診、超音波検診があります。
「マンモグラフィ検診は痛い」という印象がありますが、最近では3Dマンモグラフィというものがあり、こちらの機械ですと圧迫を少なくして撮影するため、痛みも軽減されるようになったそうです。そして、日本人に多いとされている高密度乳腺にも有効とも言われています。

諸外国に比べ、乳がんでの日本の死亡率はまだ低い方ではありますが年々増加しています。その反面罹患率の高い欧米では、死亡率はどんどん下がってきています。その背景には、欧米での検診率が70%から80%に対して、日本では34%程度ということも大きな要因と考えられます。

乳がんは早期発見により適切な治療が行われれば、良好な経過が期待できます。しこりなどの自覚症状がある場合は、速やかに受診をしてください。無症状の場合でも乳がん検診により見つかることがありますので、定期的に検診をすることが何よりも重要になってきます。

自分は大丈夫と思わず、特に女性は誰もがかかる病気であることを忘れないように、検診をきちんと受けることを心掛けてください。
 
~セイフテイオリジナルのドラレコステッカー配布中です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください~

No.84 東京オリンピック

2019年9月2日

チケット発売やグッズの発売、記念硬貨や記念切手と関連するものが販売され、開催が近づいてきているのを感じます。
聖火リレールートも決まりましたね。
2020年3月26日に福島県をスタートし、47都道府県を121日間かけて聖火リレーをしていきます。
埼玉県の聖火リレーは、2020年7月7日~9日の3日間で、川口市からスタートすることが決まりました。

川口市の鋳物屋さんが作成した聖火台が、1964年の東京オリンピックで使われたのは有名な話ですよね。当時は20万円という条件だったそうですが、今なら400万円くらいの価値があるそうです。
来年のオリンピックで、川口市で作成した聖火台が使用してもらえるかどうかはまだわかりませんが、結果がどうなるか見守りたいものですね。

そしてもう一つ、オリンピックで「ピトグラム」が初めて使われたのも1964年の東京オリンピックの時だそうです。
「ピトグラム」とは、大会で行われる各競技を示す図記号のことで、各大会で独自に作られています。アテネ五輪の古代ギリシャや北京五輪での伝統書体など、開催国の文化をデザインに込めているので、お国柄を感じることができます!
来年の東京オリンピックでは、当時のシンプルなデザインを大切にしながら、さらに動きを加え、躍動感があるものに仕上げているそうです。
例えば、柔道では、柔道着姿の選手一人が立っているデザインから、二人の選手が技をかける瞬間をとらえたものになっています。
 
2020年オリンピックの開催地が決定したのは2013年。
まだまだ先の話だと思っていたら、もう来年の話に・・・。
一人でも多くの方が、身近に感じることができるオリンピックになるといいですね(^-^)

No.83 目から日焼け

2019年8月1日

今月は、意外と知られていない「目の紫外線対策」について調べてみました。


帽子や日傘、日焼け止めクリームをつける等の紫外線対策も大切ですが、サングラス等を活用し、目をしっかりと紫外線から守るUVケアもとても大切です。
目に多くの紫外線を浴びると、脳が紫外線を認知し、紫外線から体を防御しようとします。

そしてその結果、細胞を守るため、メラニン(シミ、そばかす)が生成されてしまいます。
さらに「黄斑変性症」や「白内障」などの病気を招いたり、老眼を促進してしまう可能性もでてきます。
また、目も日焼けすると赤く充血してしまいます。
そのまま放置しているとドライアイになったり、異物が発生し目がゴロゴロし、痛みが生じることもあります。

 

どれもこれも怖いですよね。

 

こうしたリスクを防ぐためには、日常から目に降り注ぐ紫外線を防ぐことが必須です。目の紫外線対策予防ポイントは次の3つです。

●朝と夕方に気を付ける。
●必ず「UVカット」のサングラスを使う
●角膜ダメージをケアする目薬を使う

 

そしてもし目を日焼けしてしまった場合は、次のことに気を付けるといいそうです。

●目を冷やす
●紫外線対策用の目薬をしてケアをする
●できるだけ目を閉じて目を休めるようにする


日焼け対策というと、顔や体を思い浮かべてしまいますが、目の対策も忘れずにおこなうといいですね!!

No.82 食中毒

2019年7月3日

今月はこれからの季節注意したい「食中毒」についてです。
Q&A方式でチェックしてみていきたいと思います!


●2018年の統計で食中毒の報告件数が一番多かったのは、次のうちどれでしょうか?
1.ノロウイルス 2.アニサキス 3.カンピロバクター

 

答えは2のアニサキスです。
アニサキスは、サバやサンマなどの内臓にすみ、加工調理の段階で多くは取り除かれますが、気付かずに食べてしまうと、腹痛や嘔吐が生じます。
予防法としては、十分に加熱する(60度で1分間)か1日以上冷凍してから、食べるようにしてください。


●食中毒の危険性が最も高い料理は?
1.しょうが焼き 2.レアステーキ 3.ハンバーグ

 

答えは3のハンバーグです。
家畜は腸に病原性大腸菌を保有することが多く、菌は肉の表面につきます。肉をひく段階で大腸菌が内部に入り込むため、十分に火をを通さないと食中毒を起こす可能性が出てきます。ひき肉を使った料理には特に注意が必要です。


●食中毒の原因となるノロウイルスを食材につけないために効果があるのは?
1.手をアルコールで消毒 2.丁寧に手を洗う

 

答えは2の丁寧に手を洗うです。
ノロウイルスは一般的に消毒用アルコールでは毒消し効果が薄いとされています。丁寧な手洗いをこまめにする方が効果的です。水洗いだけでは効果がなく、石鹸をしっかり泡立て1分間ほどもみ洗いした後、水ですすぐ手洗いを2回繰り返す「二度洗い」が効果的です。

 

皆さん分かりましたでしょうか?


家庭で調理する時は、とくに野菜は生の食肉を扱う前に調理をすませ、肉を触った後の手洗いや消毒を心がけてください。
まな板や包丁などを洗剤でよく洗い、菌を他の食材につけない心がけも大切です。

 

食中毒予防の三カ条は、「食べ物に菌をつけない」「付着した菌を増やさない」「食べ物や調理器具についた菌をやっつける」です。
この三カ条を心がけながら調理をし、食中毒にならないようにしましょう!!

ただし、万が一食中毒が思い当たる時は、すぐに病院を受診してくださいね。

No.81 日本人の睡眠不足

2019年6月3日

今月は「日本人の睡眠不足」について調べてみました。


日本人の睡眠時間は世界的に見ても少ないことはご存知ですか?
OECD加盟国の中でも短く、アメリカ、フランス、イギリスなの欧米先進諸国と比べても、1時間ほど短い「睡眠不足大国」なのだそうです。

 

考えられる原因としては、
1.長時間労働
2.通勤時間が長い
3.スマートフォンの利用時間が長い

 

が考えられます。通勤時間の長い都市部の人ほど、睡眠時間が短くなっている傾向があるようです。

 

それでは、何時間睡眠をすれば、睡眠不足にならないのでしょうか?

 

長年、7~8時間寝ていれば問題ないと言われていますが、誰もが8時間必要というわけではありません。
最適な睡眠時間は個人差が大きく、6時間で十分な人もいれば、9時間以上眠らないと日中に眠くなってしまう人もいます。

 

これは体質の違いで、年齢や季節などによっても必要な睡眠量は変わってきます。自分にとっての最適な睡眠時間を見つけることが必要となってきます。

 

「睡眠不足」を断ち切るためには、溜まっている「睡眠負債」の返済が必須です。平日はどうしても睡眠時間を十分にとることができない時は、休日に少し寝坊をして、溜まった負債をリセットすることが必要だそうです。
休日の寝だめは意外と大事ということですね!!
ただし、正午を越えて寝てしまうと、体内時計が狂ってしまうため、2~3時間の寝坊が限度なので注意してくださいね。

No.80 平成あれこれ

2019年4月25日

もうすぐ平成が終わろうとしています。
どんな出来事があったか、振り返ってみたいと思います。


平成元年
・消費税が導入 導入当初は3%でした。
(もうすぐ10%になる時代になりますね)
・ベルリンの壁崩壊
平成3年
・バブル経済が崩壊
・湾岸戦争が勃発
平成5年
・皇太子様、雅子様がご結婚
・サッカーJリーグが開幕(当時は10チームでスタート)
平成7年
・阪神・淡路大震災が発生(大規模火災が発生しました)
・地下鉄サリン事件が起こる
・PHS販売開始(今では見かけなくなくなりましたね)
平成9年
・消費税が5%に
・長野オリンピック開催
平成12年
・カメラ付き携帯電話が発売
平成13年
・アメリカ同時多発テロ事件発生
・大阪にUSJが開業
平成15年
・オレオレ詐欺が流行
平成16年
・新一万円、五千円、千円札が発行
(先日新しいお札の発行が発表されました)
・新潟中越地震発生
平成18年
・悠仁親王誕生。男子の皇族としては41年ぶり。
平成23年
・東日本大震災発生
平成24年
・東京スカイツリー開業
平成26年
・消費税が8%に
・「笑っていいとも!」放送終了
平成27年
・18歳選挙権成立


平成の出来事、いくつぐらい覚えてるでしょうか?
日本国内では、戦争がおきなかった時代ではありましたが、海外では湾岸戦争をはじめテロが多発した時代でもありました。
そして何より、自然災害に直面した時代だったのではないでしょうか。
記憶に新しい東日本大震災だけではなく、新潟や北海道、熊本、鳥取と大きな地震が発生しました。
そして、豪雨災害も年々多くなってきています。
平均気温も上昇、平成元年の最高気温も31度~33度。平成21年を過ぎると、最高気温も35度を超すことも当たり前のようになってしまいました。
現在では31度と聞くと、今日は過ごしやすいと、感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

輝かしい出来事も多くありました。オリンピックでメダルの獲得、ノーベル賞の受賞など、老若男女問わず活躍しました。東京オリンピックでの活躍も楽しみです!


新しい時代「令和」がどんな時代になるか、楽しみですね(^-^)

No.79 使い捨てカイロ

2019年4月2日

誰もが一度は使ったことがある「使い捨てカイロ」は実は日本のメーカーが開発した20世紀の大発明品!!海外ではその機能性に驚く人が多いスグレモノなのですが、使ったあとも有効活用できる方法があることをご存知ですか?


今月は、使用済み使い捨てカイロの再利用法をご案内します。

 

1.消臭剤として再利用
活性炭に消臭効果があるため、使用済みのカイロを靴にそのままいれておけば大丈夫!クローゼット全体を消臭したいのなら、カイロの中身を小皿などに移して活用してください。

 

2.除湿剤として再利用
カイロの原料(鉄粉など)に湿気を吸い取る効果があるため、下駄箱やクローゼットの除湿剤としても活用できます。

 

3.ガーデニングに再利用
原料のバーミキュライトは、保水性、保肥性、保温性にすぐれ、植物にとって生育しやすい環境を作り出します。また鉄粉は、土壌の鉄分補給に効果的です。ただし、カイロには発熱反応を促す塩分が含まれているので、カイロから取り出した状態では使えません。塩分を除去するために、コーヒーフィルターを使ってろ過する必要がありますので、注意してくださいね。

 

 

目からウロコの意外な利用法ですよね。
ご興味のある方は、是非お試しください(^-^)

 

 

~自動車安全運転講習 随時受付中 ご連絡お待ちしております~
 

No.78 お部屋の消臭

2019年3月4日

今月はお部屋の消臭についてです。


料理やペット、タバコなどの生活臭が気になりだしたときに頼りになるのが、お部屋用の消臭剤。使っている方も多くいらっしゃると思います。

 

お店の消臭剤売り場に行くと、たくさんの商品が並んでいますよね。これらは同じように見えますが、実は「消臭剤」と「芳香剤」の2種類のタイプがあるのはご存知ですか?

 

まずは「消臭剤」。消臭剤は悪臭の原因になる成分を化学変化させて、無臭の成分にするものになります。
それに対して、いい香りの成分を放出し、イヤな臭いをごまかす仕組みのものが「芳香剤」です。芳香剤には、悪臭そのものを消す力はありませんが、なかには「消臭芳香剤」があり、イヤな臭いを消してからいい香りを出すようなタイプもあります。
消臭剤は広範囲に対処できるようになっているので、リビングなどの広い空間のニオイ消しにおすすめです。

 

そしてもう一つ気になるのが「脱臭剤」。
「脱臭剤」は活性炭などの吸収剤にニオイ物質をくっつけて、除去するものです。脱臭剤はニオイを通さないと取れないようになっています。
広い室内などではニオイを100%通過させることは難しいので、冷蔵庫や靴箱など狭い空間のニオイ消しに向いています。

部屋のニオイは気になるけれど消臭剤を使うほどではないという人には、消臭剤を使わないである程度臭いを消せる方法もあります!
1.酢をボウルに入れておく。
2.観葉植物を置く。
3.炭を置く。(種類はヒノキが良いようです)
どれも比較的簡単にできますので、効果があるかどうか試してみるのも良さそうですね。


色々なタイプがあり悩んでしまうところもありますが、用途や置く場所によって使い分けてみてはいかがでしょうか?
好きな匂いで楽しむのも良いかもしれませんね(^-^)

No.77 日本におけるガン患者数について

2019年2月12日

今月は営業担当の後藤からです。


101万3600人、この数字はなんだと思いますか?

これは、国立がん研究センターが算出した、2018年中に新たにがんと診断される患者さんの予測数です。
秋田県の全人口が980万684人(2018年10月1日現在)であることを考えると、この数字がいかに大きな数字なのか想像がつくと思います。
ちなみに、2018年中にがんによりお亡くなりになる患者さんの予測数は、379万900人と発表されています。

 

日本では1981年(昭和56年)、脳血管疾患を抜き、がんが死亡原因の第一位となりました。
それ以降、がんの死亡者数・罹患者数は、右肩上がりに増え続けています。
先進国の中で、がんの死亡者数・罹患者数がともに増え続けている国は日本だけだと言われています。

 

そうした状況の中で2017年4月より、全国の小中高の学校では「がん教育」が開始されています。
がんに関する教育が十分に行われてこなかった日本においては、非常に画期的な試みだと思いますし、また将来に向け非常に重要なことだと思います。

 

しかし一方で、「一生のうちでがんに罹患する確率は1/2」と言われる状況の中で、罹患の可能性の高い社会人の方々に対する「がん教育」や「がん治療に対する情報提供」は、いまだ不十分なままであると思います。

 

私はお医者さんではありませんが、がんに罹患したお客様と接する中で、がん治療に必要なものは「情報」と「お金」だと思っています。
特にお金は、自由度が高い、自在性のある「一時金」を確保しておくことと、平均治療期間が3年8か月と言われている抗ガン剤治療に対する備えがとても大切だと思っています。

 

今ご加入されている保険で安心して治療に専念できるか、一度確認される事をお勧めします。

 

No.76 2018年の出来事

2018年12月28日

今年一年、主にどんな出来事があったのか振り返ってみました。

1月
・日本相撲協会の不祥事相次ぐ
・草津白根山が噴火 自衛隊員1人がお亡くなりになる。
・東京23区で大雪警報が発令。新潟県ではJR信越線の電車が走行中に雪でスト ップ。
2月
・平昌オリンピックで羽生選手が2連覇達成。日本は冬季五輪過去最高のメダ ル13個を獲得。
・全国で3年ぶりに皆既月食を観測
・台湾でM6の大きな地震が発生
3月
・森友問題 財務省関連の文書改ざんが判明。佐川長官は辞任。
・北朝鮮 対話路線へ急転換
・レスリング界パワハラ問題発覚
4月
・11年ぶりに南北首脳会談が行われ、「板門店宣言」を発表。
・大阪桐蔭高校、選抜高校野球連覇達成。
・松山刑務所から脱走した容疑者が22日ぶりに確保。
5月
・日大悪質タックルがあきらかに。
・是枝監督「万引き家族」がカンヌ最高賞受賞。
・西城秀樹さん死去
6月
・関東甲信が史上最速の梅雨明け。平年より22日早い梅雨明け。
・シンガポールにて史上初の米朝首脳会談。
・大阪北部で震度6弱地震
7月
・日本&世界各地で猛暑。東京都内で観測初の40度超えを記録。
・西日本豪雨。死者200人以上、平成史上最悪となる豪雨災害に。
・オウム事件 松本死刑囚らに13人に死刑執行。
・「働き方改革法案」「カジノ法案」成立。
8月
・弁護士との接見中の容疑者が脱走。
・中央省庁、裁判所などで障害者雇用の水増し発覚。
・DA PUMP「U.S.A」が大流行→ダサかっこいいダンスが注目を浴びる
・大阪桐蔭高校 史上初2度目の春夏連覇
9月
・台風21号 関西中心に猛威をふるう。
・北海道で震度6強の地震が発生。北海道全土で停電が発生。
・安倍首相が総裁選3選
・大坂なおみ選手全米OP優勝 日本人初の快挙
・安室奈美恵さんが芸能界引退
10月
・本庶佑さん ノーベル医学生理学賞を受賞。
・シリアで拘束されていた、安田純平さんが3年ぶりに解放。
・築地市場が83年の歴史に幕。豊洲へ移転。
・免震データ改ざん。
11月
・日産のゴーン元会長を逮捕。
・2025年5月に開催される万博に、大阪に決定。
・貴景勝関 九州場所で初優勝。
・メジャーリーグの大谷選手が最優秀新人王に!!
12月
・今年の流行語や今年の漢字一字「災」に決まる。

 

今年は異常気象による災害が多い年でした。「記録的な~」や「観測史上初~」という言葉を多く耳にしたのではないでしょうか。西日本豪雨や台風被害、大阪と北海道で大きな地震もあり、多くの方が被災しました。
嬉しいニュースもありました。平昌オリンピックでの日本人選手の活躍は、多くの人に感動や勇気を与えてくれました。また、大谷選手の新人王や大坂選手の優勝など、思わずガッツポーズが出た方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今年の漢字が「災」に決まり、来年には平成が終わります。
自然災害は人間の力では太刀打ちできませんが、知恵と協力で被害が甚大にならないように、予防はすることができます。未来の子供たちのためにも、一人一人が心がけて生活していけるようにできたらいいですね。