お問い合わせ・ご相談は

048-286-3211

月~金曜日9:00~17:30

セイフテイ通信

No.94 あおり運転

2020年8月4日

今月は、昨今問題となっている「あおり運転」についてです。

あおり運転のニュースは毎日テレビなどで目にしますが、令和2年6月末からいわゆるあおり運転を罰する「妨害運転罪」が施行されています。その定義として以下10項目が定められています。

 

(1) 通行区分(左側通行)違反
(2) 車間距離を詰める
(3) 急ブレーキをかける
(4) 不必要なクラクション
(5) 急な進路変更(割り込み)
(6) ハイビーム威嚇の継続
(7) 乱暴な追越し
(8) 左からの危険な追越し
(9) 幅寄せや蛇行運転
(10)高速道路での最低速度違反や駐停車

 

他の車両の通行を妨害する目的で上記の行為に違反すると、刑事処分として3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。高速道路上で相手の車を停止させるなど著しい危険を生じさせた場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

 

そもそも、あおり運転が起こる要因として、国際交通安全学会の研究結果では、「被害者の運転行動をきっかけとしたもの」がめだつそうです。
具体的には、進路を譲らない、急ブレーキをかける、無理な追い抜きをする等といった行為が、周囲の車から進路を邪魔されたと認識されてしまうことで、あおり運転によるトラブルに発展することが多いようです。

 

あおり運転の厳罰化は一定の抑止力になることは間違いありません。
しかし、あおり運転が無くなることはないでしょう。

 

自分の運転でいくつか気をつけるだけで、あおり運転の被害者を回避することもできるため、そのためのドライビング術を身につけ、あおり運転をされない運転を心掛けましょう。

 

 

No.93 ペット保険

2020年7月2日

近年、犬カフェや猫カフェ、うさぎカフェなどの動物と触れ合えるカフェが続々と誕生しており、老若男女を問わず多くの人々の心を癒しています。
すでにこれからのカフェに行ったことがある方も多いかもしれませんね。

現在日本では2万頭以上の犬・猫がペットとして飼育されており、動物は人間に癒し効果をもたらす存在だと考えられています。
アニマルセラピーという言葉があるように、ペットには触れ合う者の心を癒す力があります。そのため大好きな動物に触ったり、一緒に過ごしたりすることで、心と体を健やかにすることが可能です。


犬や猫は、時折飼い主をじっと見つめることがありますよね。その愛らしい目や、飼い主にすり寄ってくるしぐさを見ていると、「信頼されている」と感じますよね。まさにこのような感覚が、心に癒しをもたらすそうです。
また、ペットと触れ合っているとき、人間の脳内には「オキシトシン」という物質が分泌されています。愛情ホルモンや幸福ホルモンと呼ばれることの多いオキシトシンは、脳の疲労感を軽減させて、精神を安定させる効果があるそうです。
ちなみに猫がごろごろと鳴らす音、なんと人間のストレスを軽減して免疫力を上げる効果があるそうですよ!


癒し効果もある家族のような存在のペットですが、生き物である以上病気やケガが心配ですよね。
犬・猫に関してですが、1年間にかかる診療費は年間3~6万円がもっとも多く、10万円を超える診療費がかかった飼い主もいます。
手術、入院となると、もっと高額な医療費になることは言うまでもありません。人間のように健康保険制度があるわけではありませんので、高額な医療費は家計への負担は想像できます。


この医療費の負担を少しでも軽くするためにあるのが、「ペット保険」です。日本ではまだまだ加入率は低く3%程度ですが、スウェーデンは約50%と世界一の加入率になっています。
スウェーデンのペット保険の歴史は古く、100年前から存在しており、スウェーデンの保険会社が世界初のペット保険を作ったそうです。しかも最初は牛と馬の保険会社としての設立だったとのこと。その後は犬や羊が保険対象になっていったそうです。


日本でのペット保険ですが、対象となるペットは主に「犬と猫」です。保険会社によっては小動物や爬虫類も対象にしているところもあります。補償内容もまちまちですので、興味のある方は是非ホームページ等で確認してみてください。

No.92 今から始める熱中症対策

2020年6月2日

熱中症というと、本格的に暑くなる真夏にだけおこるものと思われがちですが、実はゴールデンウイークを境に、熱中症になる人は徐々に増えていきます。

 

まだそれほど気温が高くない初夏でも、日によってはやや気温が高くなる日もあり、その時からだが暑さに慣れていないと、汗を上手にかけずに熱中症になってしまうことがあります。
そのため本格的な夏を迎える前から、暑さにからだを慣らし、熱中症に負けないからだづくりを始める必要となってきます。

 

 

今から始めるポイントとしては、汗かきトレーニングがお勧めです。
室内での軽い運動などを比較的涼しい今の時期に始めて汗をかく「練習」をし、発汗で体温を下げられる体づくりが重要です。入浴などで汗をかくだけでも、汗腺を鍛えることができます。

 

そして、暑さに強いからだをつくるには、1日3食をしっかり食べるなど規則正しい食生活も大切です。
特に、肉や魚にたくさん含まれるたんぱく質は筋肉や血液をつくる材料になりますので、しっかりとりましょう。筋肉は、脂肪に比べ、水分を多く保つことができます。

汗をかいて全身の血液量が減ってくると、筋肉からどんどん水分補給して、脱水症状を防いでくれるのです。そのため、筋肉がたくさんある人は熱中症になりにくいと言われています。

 

また、例年以上に水分補給も重要となってきます。利尿作用のあるカフェイン入りの飲料は避けるのが望ましく、水や麦茶などをコップ1杯くらいずつ、こまめに飲みましょう。

のどの渇きを感じる前に、生活の区切り(起床時、食事、運動、入浴の前後、就寝前など)で飲む習慣をつけるのがコツです!

 

 

熱中症は適切に予防すれば患者を「ゼロ」にできる病気です。しかし重症化すると生死にかかわる可能性もあります。
新型コロナへの対応に追われる医療現場の負荷を少なくさせるためにも、各自が対策に取り組んでいきましょう!

 

 

No.91 新型コロナウイルス

2020年5月7日

テレビ等で報道されていますが、もしご家族に新型コロナウイルス感染が疑われた場合での家庭内での注意点をの一部をまとめてみました。


①部屋を分ける

・個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。
子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、すくなくとも2メートル以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。
・寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。


②感染症のお世話はできるだけ限られた方で。

・心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けるようにしましょう。


③マスクをつけましょう。

・使用したマスクは他の部屋に持ち出さないようにしましょう。
・マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。
・マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。(アルコール手指消毒剤でも可)


④こまめに手を洗いましょう。

・こまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしましょう。


⑤換気をしましょう。

・定期的に換気をしてください。共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気をしましょう。


⑥手で触れる共有部分の除菌をできる限り行いましょう。

・特にタオルはトイレ・洗面所・キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。


⑦ゴミは密閉して捨てましょう。

・鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てるようにしましょう。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。


もちろん、ご本人、ご家族など同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避けてください。


他の情報を含め、詳細は厚生労働省のホームページに記載されています。
内容が変更されることがありますので、最新の内容をこまめにチェックしてみてください。

 

皆様方のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

No.90 ウイルスに負けない!

2020年4月2日

<風邪の原因の約90%はウイルス >
風邪の原因の約90% はウイルスであり、残りの約10%が細菌による感染です。 
つまり、風邪の原因はほぼウイルスなのです。 
抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は、細菌性の風邪や感染症に有効ですが、ウイルスには全く効きません。 
抗ウイルス薬はまだ少数しか開発されておらず、風邪を治すのは「自身の免疫力」。 
ウイルス性の風邪にはインフルエンザ以外に治療薬がなく、従来から私たちは「自身の免疫力」で戦ってきたのです。 
免疫力は20歳代をピークに低下し、40歳代ではピーク時の50%まで低下すると言われています。 
そこで、「手洗い」「咳エチケット」「密を避ける」などの予防を徹底するとともに、 
今回は自宅でできる免疫力アップ法についてご紹介します。 
 
<よく食べて、よく寝て、よく笑う! >
体内の免疫細胞の7割は腸に存在します。なので、「免疫力は腸が鍵!」 
●腸を元気にする 
・朝食は欠かさない 
・発酵食品・抗酸化食品・ネバネバ食品を食べる 
・野菜は皮ごと食べる 
・天然塩を使う(ミネラル補給) 
・温かい緑茶(カテキン)を飲む 
●体を温める 
・毎日湯船に浸かる 
・汗をかく程度の筋トレをする 
・はらまきをする 
●自律神経にメリハリ&ストレス発散  
・メリハリある生活(よく仕事して、よく休む) 
・趣味の世界に浸る 
・大声で叫ぶ 
・自然の中でボーッとする ※ご自宅の庭や近所でも。 
・よく寝る(7時間半以上) 
・たくさん笑う!(1日10回以上) 
※減塩&過度な運動は健康を害する可能性があります。特に、糖尿病の方は厳重管理が必要なので注意が必要です。 
 

No.89 自賠責保険料

2020年3月4日

今月は「自賠責保険料」についてです。
新聞等でもご覧になっている方もいるかと思いますが、令和2年4月1日以降始期契約より自賠責保険料が改定となります。

今回は全車種平均で16.4%の引き下げとなります。(ただし、改定率は保険期間や車種等により異なり、一部引き上げとなる場合があります。)
具体的には・・・
自家用乗用自動車は
24か月で2万5830円→2万1550円に(4280円ダウン)
軽自動車の場合は
24カ月で2万5070円→2万1140円に(3930円ダウン)
なります。
これは2017年4月の保険料改定依頼3年ぶりになります。

なぜ引き下げられたのでしょうか?
自賠責保険料は、毎年1月に実施される「自動車損害賠償責任保険審議会」において「ノーロス・ノープロフィット」という原則に基づいて決定されています。簡単にいうと、利益にも赤字にもならないように運用するという意味になります。この原則に基づいて保険料を算出し、審議した結果が料金に反映されてきます。
自賠責保険は、交通事故が発生した後に被害者に対して支払われる保険金になりますので、人身事故そのものが減少すれば、当然保険金の支払額も減少します。
よって、この減少により「自賠責の保険収支が改善して黒字化していること」が確認され、今後も同様の収支状況が継続することが見込まれること等をふまえ、保険料を改定することになりました。

そもそも自賠責保険とは、自動車および原動機付自転車の所有者に加入が義務づけられている損害保険。加入していなければ車検が通らず、公道を走行することができないため「強制保険」ともいわれています。
自賠責保険の補償対象となるのは、交通事故の被害者の身体への傷害や後遺障害、死亡による損害。治療費をはじめとする諸経費に対して保険金が支払われます。
では保険料を納めないとどうなるのでしょうか?
自動車損害賠償保障法によって、すべての運転者に加入が義務付けられています。未加入で運転した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となるほか行政処分も下されます。またすべての自動車について(例外もあり)、自賠責保険証明書を備え付けなければ運行することができません。これに違反すると30万円以下の罰金に処せられます。

運転者の一人一人が注意して、事故を最小限に抑えることが、誰にとっても一番のメリットになりそうですね!

No.88 花粉症

2020年2月4日

2020年春の花粉の飛散量は、「例年なみ」か「少ない」地域が多くなるとの予想が出ています。花粉症でひどく悩まされている方がにとっては、少し安心できる予想だと思います。
とは言え、少量でも体内に入れば症状が出る人もいますし、天候によっては花粉が非常に多く飛ぶ日もあり、油断して対策を怠ると重い症状をおこすことにもなりかねません。
 
そこで、自分でできる対策をおさらいしたいと思います。
 
基本の対策としては、「からだにつけない」「家に入れない」のが一番です。
1.外出時はマスクをする。
2.外出時はゴーグル・メガネをかける。
3.帰宅後は手洗い・洗顔・うがいをする。
4.花粉のつきにくい服装にする。
5.家に入る前に払う。
6.窓やドアを閉める。
7.洗濯物やふとんは外に干さない。
8.玄関や窓際の床掃除をする。
 
また、市販薬を使う方法もあります。
花粉が体内に入ると、粘膜などの組織に分布するマスト細胞からヒスタミンが放出されます。ヒスタミンは知覚神経を刺激して、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応をおこします。花粉症ののみ薬には、「抗ヒスタミン薬」と「抗アレルギー薬」があります。
ただし、症状の改善がみられない場合は、医療機関の受診が必要です。

スギ花粉から始まりヒノキと続いていきます。
花粉症の方は辛い時期を迎えます。
早め早めに対処して、日常生活を少しでも快適に過ごしたいものですね!

No.87 2019年の出来事

2019年12月27日

今年一年、主にどんな出来事があったのか振り返ってみました。

1月
・熊本で震度6弱の地震
・横綱稀勢の里が引退
2月
・北海道で震度6弱の地震
・競泳の池江選手が白血病を公表
3月
・日産自動車前会長のゴーン被告保釈
・イチロー選手が引退。日米通算4367安打
4月
・平成の時代が幕を閉じる
・第19回統一地方選挙
・ノートルダム大聖堂で大火災
・世界初のブラックホール撮影に成功
5月
・天皇陛下が即位。「令和」に改元
・川崎で小学生ら19人刺される
6月
・新潟で震度6強の地震
・G20大阪サミット開催
・サニブラウン選手 100メートルで日本新
7月
・「仁徳稜」世界遺産に
・今日アニメーション放火殺人事件
8月
・九州北部で大雨
・渋野選手が全英女子ゴルフメジャー制覇
9月
・台風15号で特に千葉県で甚大な被害発生
・ヤフーがZOZO買収へ
・16歳環境活動家トゥンベリさんが怒りの訴え
10月
・台風19号と大雨で広い範囲で甚大な被害発生
・消費税10%スタート
・天皇陛下、即位を宣言
・首里城火災
・吉野彰氏 ノーベル化学賞受賞
11月
・大嘗祭が執り行われる
・沢尻エリカ容疑者逮捕
・ベルリンの壁崩壊から30年
・GSOMIA失効回避
12月
・今年の流行語や今年の漢字一字「令」に決まる

今年は「平成」から「令和」に元号が変わりました。
御退位の儀式に始まり御即位の儀式、そして御即位を公に宣明される「即位礼正殿の儀」などが行われ、私たち日本国民にとっても特別な年となりました。古式ゆかしいという言葉が、まさにピッタリの一連の儀式でしたね。
その一方で、今年も自然災害には苦しめられた年となってしまいました。大きな地震が相次ぎ、そして台風による風災水害の甚大な被害も記憶に新しいと思います。今現在も復興途中である方も多くいらっしゃるのが現状であります。
あおり運転や悲惨な事件も多くなってきたように思われます。ボタンの掛け違いを防ぐためにも、まずは相手のことを認め受け入れ、そこから得る信頼関係を元にコミュニケーションをとる事が必要なのではないかと思います。
老若男女問わず、誰もが暮らしやすい社会になることを望むばかりです!
 

No.86 水害対策

2019年11月18日

9月の台風15号の風の被害、台風19号の関東から東北にかけての水害、そして台風21号による湿った空気の影響による大雨被害。
水の恐ろしさを実感した方も多かったのではないでしょうか?

台風や集中豪雨による浸水被害を最小限に抑えるためには、普段からの備えが大切です。
 
今回は、大雨に備えて有効な対策をご紹介します。
 
<家の浸水を防ぐ>
・土のうの設置
ホームセンター等で入手可能
・簡易水防工法  
40リットル程度の容量のごみ袋を二重にして中に半分程度の水を入れて閉めます。作成した水のうを段ボール箱に詰め、レジャーシートなどで包みます。出入口などに隙間のできないように並べます。

<自宅周りの取り組み>
・雨水ますの詰まりを防ぐ
道路の雨水ますにビニール袋や落ち葉・ゴミなどが集まると、雨水がマス内に流れ込まなくなります。マス上のゴミの清掃が大切です。
・カーステップ等を一時撤去
道路上にカーステップやプランターなどを置くと、雨水ますなどへの雨水の流入が妨げられ浸水の原因となります。
 
<大雨時のトイレや洗面器具のトラブル>
・集中豪雨の影響でトイレや洗面器具からボコボコ音がしたり、封水を跳ね上げてしまうことがあります。それらを抑える応急処置としては、便器の蓋をとじておくことや、ビニール袋に水を入れて結んだものを便器内に設置することで、封水が飛び出すことを防ぐことができます。

簡単にできる対策をご紹介しましたが、河川が氾濫したり、大規模な冠水が起きてしまったら、とにかく安全な場所へ避難が重要となってきます。
そしてハザードマップで、自分が住んでいる地域がどのような災害の危険性があるかを知り、平時から必要な備えを考えておくことが大切です。
 

~セイフテイオリジナルのドラレコステッカー配布中です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください~

No.85 乳がん

2019年10月1日

先日上皇后様も手術を受けられた乳がん。乳がんは、かつては欧米人に多いとされていましたが、ライフスタイルの変化などから近年日本女性にも急増してきました。今やその発症率は12人に1人と言われています。
乳がんは20代から発生を認め、40代後半から50代前半でピークを迎えます。

乳がんの発生には、遺伝的要因と環境的要因があり、それらの要因にあてはます人はよりかかりやすい状況にあると言われています。
例えば、糖尿病の持病がある、乳腺濃度が高い、初経年齢が早い、家系内に乳がんや卵巣がんにかかった人がいる等があげられます。

そこで大切になってくるのは、やはり検診です。

乳がん検診には、視触診、マンモグラフィ検診、超音波検診があります。
「マンモグラフィ検診は痛い」という印象がありますが、最近では3Dマンモグラフィというものがあり、こちらの機械ですと圧迫を少なくして撮影するため、痛みも軽減されるようになったそうです。そして、日本人に多いとされている高密度乳腺にも有効とも言われています。

諸外国に比べ、乳がんでの日本の死亡率はまだ低い方ではありますが年々増加しています。その反面罹患率の高い欧米では、死亡率はどんどん下がってきています。その背景には、欧米での検診率が70%から80%に対して、日本では34%程度ということも大きな要因と考えられます。

乳がんは早期発見により適切な治療が行われれば、良好な経過が期待できます。しこりなどの自覚症状がある場合は、速やかに受診をしてください。無症状の場合でも乳がん検診により見つかることがありますので、定期的に検診をすることが何よりも重要になってきます。

自分は大丈夫と思わず、特に女性は誰もがかかる病気であることを忘れないように、検診をきちんと受けることを心掛けてください。
 
~セイフテイオリジナルのドラレコステッカー配布中です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください~