お問い合わせ・ご相談は

048-286-3211

月~金曜日9:00~17:30

セイフテイ通信

No.91 新型コロナウイルス

2020年5月7日

テレビ等で報道されていますが、もしご家族に新型コロナウイルス感染が疑われた場合での家庭内での注意点をの一部をまとめてみました。


①部屋を分ける

・個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。
子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、すくなくとも2メートル以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。
・寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。


②感染症のお世話はできるだけ限られた方で。

・心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けるようにしましょう。


③マスクをつけましょう。

・使用したマスクは他の部屋に持ち出さないようにしましょう。
・マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。
・マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。(アルコール手指消毒剤でも可)


④こまめに手を洗いましょう。

・こまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしましょう。


⑤換気をしましょう。

・定期的に換気をしてください。共有スペースや他の部屋も窓を開け放しにするなど換気をしましょう。


⑥手で触れる共有部分の除菌をできる限り行いましょう。

・特にタオルはトイレ・洗面所・キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。


⑦ゴミは密閉して捨てましょう。

・鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てるようにしましょう。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。


もちろん、ご本人、ご家族など同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避けてください。


他の情報を含め、詳細は厚生労働省のホームページに記載されています。
内容が変更されることがありますので、最新の内容をこまめにチェックしてみてください。

 

皆様方のご健康を心よりお祈り申し上げます。